注文住宅は現代建築のあり方

 - 

現代建築とは諸説ありますが、第二次世界大戦後の建てられた住宅のことを広く指し示します。現代建築の多くが、新しいライフスタイルやデザイン、工法、などを利用して建てられる住宅のことを言い、注文住宅は現代建築の集大成とも言える住宅になります。

注文住宅の多くが、家主と建築家が意見やアイデアを出し合いながら、家の間取りやデザイン、内装や外装、外観などを決めてゆき、建築計画を進めてゆく住宅になります。時代に合わせた家族構成やデザイン、素材や間取りで家を建てるため、現在の建築のあり方を指し示す住宅になる場合が多いようです。家も、洋服や電化製品の様に、時代に合わせた機能やデザインが求められるものになります。また、注文住宅の場合は、住宅の建て方は、大工さんとほとんど一緒になることも特徴になることでしょう。基礎をきちんと行い、基礎の上に住宅を建築してゆく様子は、現代建築のあり方と言える事でしょう。

そして、現在の住宅で流行している点は、ユニットバスと、温水洗浄便座と、浴室乾燥機と、システムキッチンと、高気密・高断熱の家になります。プレハブ住宅やユニット住宅が多く販売されるようになり、同じような家が並んで立っている場所も多くあります。これらの住宅は、見た目やデザインを重要視しており、人気のある家になっています。しかし、注文住宅の場合には、似たような家になることはありませんが、作り方や工法などは最新の技術を取り入れることも多くあります。このため、現代建築のあり方とも言えて、オシャレで斬新な家を建てたい場合には、注文住宅にしてみると良いと思います。


注文住宅の歴史とは

 - 

日本における住宅の歴史について説明をしていきたいと思います。終戦後には、日本の住宅はかなりの数で不足していました。また、住宅が無いために、狭い間取りの家に、多くの家族が同居する場合もあったようです。そのため、住宅が無くて困っている人のために「公営住宅」が整備されるようになり、住宅の建設資金がない人のために「住宅金融公庫」が整備されるようになりました。また、その後サラリーマンなどの人を対象に販売するマンションの運営をする「公団住宅」なども都市部を中心に展開されるようになりました。

日本におけるマイホームはやはり「一戸建て」を指すことが多いでしょう。また、戦後から高度経済成長期にかけての一戸建ては木造建築の住宅が多く、大工さんといわれる仕事の人や建築家が大工さんに依頼をして、建てる家がほとんどでした。しかし、その後の住宅ブームになると、多くの建築会社などが住宅を販売するようになり、ユニットを組み合わせて作るプレハブ住宅も多く販売されるようになりました。

現在の日本で、販売されている家の多くが、プレハブ住宅やユニットの住宅であり、注文住宅などの販売は少数派になっていることが現状になります。また、多くの住宅メーカーなどは100住宅と言われる長持ちを売りにする家を販売したり、耐火性や地震に強い家を販売したりして、時代に合った付加価値のある家を販売していることが特徴として挙げられます。注文住宅の場合も、見た目やデザインが重要視され、洗練された住宅を見掛けることも多くあります。


誇り高き、注文住宅

 - 

注文住宅で家を建ててみたいと思う人は多いことと思います。注文の住宅は、施主の人と建築家が意見や意向を出し合いながら、間取りやデザイン、内装や外装、外観などを決めてゆくことが魅力になります。また、自分の意向や意見が反映されるため、快適かつ優雅に、のんびりと生活できる家を建てることができます。さらに、注文の住宅の家は、、他に似たような家が存在しないため、注文住宅ならではの品格やプライドが実感できることと思います。

では、注文住宅の誇りの高さの理由について話を進めていきたいと思います。1つ目の理由は、職人さんが丹精を込めて作っているため、技術の高さが売りになります。注文住宅を建てる職人さんは、数多くの注文住宅を建てて来ており、技術や住宅の完成度はお墨付きになります。また、丁寧な仕事をするため、長く住んでも、丈夫な家作りを心掛けているようです。2つ目の理由は、きちんとした家を作ろうとする熱い思いを込めて家作りをしていることになります。

注文住宅の場合には、素材やデザインにこだわった家が多いため、家を造る際に、技術や経験が要求されることが多くあります。そのため、きちんとした家を作ろうとする熱い思いを込めながら家を作っている点になります。3つ目の理由は、こだわり抜いた自然素材を利用していることになります。注文住宅は素材などにこだわって作っている家であるため、優れた自然素材を利用して家を建てています。4つ目の理由は、アフターサービスが充実していることになります。家が完成した後でも、不具合な点がある場合には、いつでも相談でき、修理や補修をすることができます。

以上が、注文住宅の誇りの高さの説明になります。こだわり抜いた住宅であるため、プライドの高い住宅ともいうことができるでしょう。