Home 未分類 • 注文住宅の歴史とは

注文住宅の歴史とは

 - 

日本における住宅の歴史について説明をしていきたいと思います。終戦後には、日本の住宅はかなりの数で不足していました。また、住宅が無いために、狭い間取りの家に、多くの家族が同居する場合もあったようです。そのため、住宅が無くて困っている人のために「公営住宅」が整備されるようになり、住宅の建設資金がない人のために「住宅金融公庫」が整備されるようになりました。また、その後サラリーマンなどの人を対象に販売するマンションの運営をする「公団住宅」なども都市部を中心に展開されるようになりました。

日本におけるマイホームはやはり「一戸建て」を指すことが多いでしょう。また、戦後から高度経済成長期にかけての一戸建ては木造建築の住宅が多く、大工さんといわれる仕事の人や建築家が大工さんに依頼をして、建てる家がほとんどでした。しかし、その後の住宅ブームになると、多くの建築会社などが住宅を販売するようになり、ユニットを組み合わせて作るプレハブ住宅も多く販売されるようになりました。

現在の日本で、販売されている家の多くが、プレハブ住宅やユニットの住宅であり、注文住宅などの販売は少数派になっていることが現状になります。また、多くの住宅メーカーなどは100住宅と言われる長持ちを売りにする家を販売したり、耐火性や地震に強い家を販売したりして、時代に合った付加価値のある家を販売していることが特徴として挙げられます。注文住宅の場合も、見た目やデザインが重要視され、洗練された住宅を見掛けることも多くあります。

Author:管理人